• ホーム
  • ハウスメーカーの選び方を知って、損しない注文住宅を!

ハウスメーカーの選び方を知って、損しない注文住宅を!

高級なマンション

注文住宅を建てる場合はハウスメーカーなど依頼先を決める必要があります。選び方次第で、どんな住宅が建つかがほぼ決まると言っても過言ではありません。ハウスメーカーの選び方には決まったものがありませんが、損をしない注文住宅を作る必要があります。そのためには予算を決め、ハウスメーカーに関する知識を得る必要があるのです。

ハウスメーカーは提案力や坪単価がそれぞれ異なるので、デザイン力や保証期間が一律ではありません。営業担当者の印象も人によって違うので、気の合う人に出会ったらラッキーでしょう。選び方の基本は、施主側がどんな住宅を建てたいかの希望に忠実なことです。どんなに人気のあるハウスメーカーでも希望にかなう住宅を建ててくれなければ依頼する意味がありません。相手の提案力や大事にしているものを見極めることが必要です。

デザインの特徴はカタログの写真やホームページにより確認することができます。和風か洋風かの違いや、輸入住宅は外観に特徴が見られます。ハウスメーカーでは坪単価などによりいくつかのグレード分けをしていることがあります。デザインはグレードの違いにより決まってくることがあるのです。

ハウスメーカーは得意な構造や工法が異なるのですが、その違いは営業担当から教えてもらうことができます。木造が得意なメーカーに鉄骨の住宅を依頼しても良いものはできません。依頼する場合はそれぞれの会社が得意とする構造や工法を外さないことが大切なのです。メンテナンスや保証期間の違いは、住宅に対する態度を示すものとして評価できます。メンテナンスの内容や保証期間の違いについては知識として持っておく必要があるのです。

予算のよる違いでハウスメーカーを選ぶ場合は、思い込みに注意が必要です。カタログや実例に見られる坪単価は一つの例にすぎず、低価格で可能な場合もあります。誤った思い込みに陥らないためには、営業担当へ希望する価格を告げてみることが必要です。その価格では無理なことがはっきりした段階で、諦めても遅くはありません。住宅の価格はかなり幅があるので、初めから諦めるのは損なことです。

ハウスメーカーの選び方では、その会社が顧客重視か利益重視かを見分けることが大切です。顧客重視の会社は坪単価が高くても、最終的には割安になることもあります。逆に、ローコスト住宅で利益重視の場合は施主の要望をあまり聞いてもらえないかもしれません。選び方では一つの指標にこだわることなく、全体を見た判断が必要なのです。